お知らせ

重要文化財「旧弘前偕行社」壁土造り体験

2016年7月22日

平成25年度から重要文化財「旧弘前偕行社」の保存改修工事が行われています。
でも、実際の工事現場を見学することはなかなかできませんでした。
7月22日、こども学科1年が、工事現場に出向いて壁土造り体験をしました。
これは、実際の保存修理で使用する古い土壁を何回も足で踏んで、
壁土造り行うものです。
100年間使用していた土壁に、新たなわらを加えて、再度利用します。
昔からの天然素材・建築材料は究極のエコです。
完成したら「この壁土は、私たちが造ったものだ!」と
自慢することができます。
「壁塗り」「壁小舞掻きの作業も、指導を受けながら体験しました。
臭い、汚い、疲れるとこぼしていた学生も、
最後は夢中になって作業をしていました。
壁土踏みや壁塗りは、小さい頃の「泥遊び「粘土遊び」「水遊び」と
共通した面白みがあります。
最後に工事中の旧弘前偕行社の中に入って、
ここで入学式や卒業式などの学校行事が行われていた頃を想像しました。
100余年の長い歴史と空気を感じました。
「ここで勉強したかった!」

重要文化財「旧弘前偕行社」壁土造り体験 重要文化財「旧弘前偕行社」壁土造り体験 重要文化財「旧弘前偕行社」壁土造り体験 重要文化財「旧弘前偕行社」壁土造り体験 重要文化財「旧弘前偕行社」壁土造り体験 重要文化財「旧弘前偕行社」壁土造り体験
お知らせ一覧へ